厚生産業株式会社


人に出会い、伝え、そして学ぶ

厚生産業は漬物の素などを製造しながら、
全国で『つけもの講習会』を開催し
「つけものを漬ける楽しさ、手作りのおいしさ」を
伝えてまいりました。

『つけもの講習会』の歴史は約40年前にさかのぼり、
現会長である里村良一が生まれ育った岐阜県の漬物を紹介し、
また全国各地の独特漬物を学んでまいりました。

「漬物を漬ける」ことを通じて、
「多くの人に出会い、伝え、そして学ばせていただく」
その精神は社是として具現化し、
今の若い社員1人1人に引き継がれております。

これまで年間約2,000ヶ所、
約40,000人を超える方にご参加いただいております。
今後も厚生産業は『つけもの講習会』が、
日本の伝統的食文化を伝える事、
また地域の方々とふれあいを通じ、
社員が自立と成長していく事を実践できる場として考え、
行動していこうと考えております。